『悲しみに、こんにちは』様々なことを受け入れた特別な夏

いつも一歩引いたところから、静かに状況を観察する少女の表情がとても印象的な作品。主人公のフリダは病気で両親を亡くし、スペインの大都市、バルセロナにある祖父母の家を離れ、カタルーニャで田舎住まいをしている叔父エステバの家に預けられた少女だ。花火が上がる夏の夜、友人たちとお別れをしてやってきたエステバの家には、母親がわりに面倒を見てくれる叔母マルガとその娘で従姉妹のアナがいた。


畑があり、鶏を飼って自給自足の生活を送っているエステバ家の人たちと、都会暮らしの一人っ子フリダの微妙な距離感がスペインらしい陽光の中、丁寧に描き出される。フリダのことを姉として慕おうとするアナに対抗心を覚え、自分の失敗をアナに指摘されても知らんぷりをするフリダの心は常に揺れている。と同時にマルガも我が子ではない上に、たまに強情になるフリダをどう扱えばいいのか分からない。子どもの目から見たら大人げなく映るかもしれないが、マルガもまだ若い母親だ。突然我が子以外の子どもを育てることになり、余裕がないのは仕方がないと、子育ての山場を超えた今の自分だからその気持ちが分かる気がする。


大自然の中、山の中のキリスト像に母へのメッセージを授けるフリダはまだ母の死を本当に受け入れることができないでいる。それでも、自分が怪我をしたり、家畜の首から流れる血を見たときに、命や死について実感し始める。大好きな母親と別れ、今まで慣れ親しんだものから離れ、全てが新しい生活の中、祖母や親戚たちとの交流や、新しい友達、化粧をしてセレブごっこなど、楽しい仕掛けも織り交ぜながら、フリダが本心をマルガたちにぶつけることができるようになるまでを描いた成長物語。フリダとアナの疑似姉妹の可愛らしさと、繊細な心の動きの描写も秀逸だ。そしてフリダが「姉」として求められていた役割などは、遠い夏の日の自分の葛藤が重なった。


Cinemagical シネマジカル

映画を楽しむ。人生を楽しむ。