神戸から羽ばたけ!9/7公開の映画『みぽりん』限定地下アイドル「オーソレミーオ」ソロデビューライブで一体何が!?@ KOBE BLUEPORT

 神戸出身、松本大樹監督の初監督作、六甲山ロケのホラーコメディ映画『みぽりん』が元町映画館で9月7日(土)より劇場公開される。そのプレイベントとして、映画で登場する地下アイドルユニット「オーソレミーヨ」のライブイベントが開催され、人気投票で1位メンバーの神田優花によるソロデビュー曲「ラストティーンズ」が初生お披露目された。

(写真左から優花役の津田晴香、みぽりん役の垣尾麻美、松本大樹監督、里奈役のmayu)



 会場は、三宮駅から徒歩すぐのライブハウス、KOBE BLUEPORT。映画で使われたライブハウスではないが、元町映画館スタッフ、石田さんの働きかけで、プレイベントへの全面協力が実現したという。開場前からも、通りすがりの人から「何のイベント?」と聞かれるほど列ができ、映画公開前から熱心なファンが集結。



会場では、「ラストティーンズ」のCDも販売。購買特典でオーソーレミーヨのメンバーとチェキが撮れる特典付きだが、それよりも驚くのは、神戸の2大CD取り扱い店、タワーレコード神戸店とHMV三宮店が異色のコラボ!それぞれのショップTシャツを来た店員が、懸命にCD販売をしている姿に音楽映画でもある『みぽりん』を、ロケ地神戸から全面的に応援したいという気持ちが伝わってくる。



 ライブでは、オーソーレミーヨのメンバーが自己紹介した後、いよいよ神田優花がソロデビュー曲「ラストティーンズ」を歌うが、あまりの下手さにあの人が登場して…と映画さながらのセリフが飛び出し、場内も大興奮!(ご紹介するため動画を撮っていたが、再生をすると歌の手前で謎のスローモーションが…。みぽりん先生の呪いか…)


 ひと段落したところで、映画『みぽりん』の応援歌をキャストが揃って熱唱!「う〜〜〜みぽりん!」とキャッチーなメロディーに、ぐいぐいと盛り上がり、曲が終わった後は、なんとアンコールの掛け声も!そして、アンコールはついにあの人が登場!映画ヒットの祈りがこもったシャウトが会場にこだました(下記動画でご紹介、メンバー紹介は必見!)。


 まるで映画『みぽりん』が地下アイドルのように、ファンと近い距離での交流が行われ、大盛況だったプレイベント。松本監督は、「ロードショーが終わったら、このKOBE BLUEPORTでオーソレミーヨ解散ライブをしたい」と語っていたが、映画も、オーソレミーヨの存続も、神戸からはじまる上映でまずは盛り上げたいという覚悟と緊張が滲んでいた。元町映画館での1週間限定上映(9/7より19:20~ )では、連日上映後にイベントを開催する他、リピーター割引や「みほ割」も実施する。映画キャストとの距離が近い、会いに行けるアイドルのような映画『みぽりん』。応援グッズも多数ラインナップ、第2の「カメ止め」を目指して、元町映画館から羽ばたけ!



Cinemagical シネマジカル

映画を楽しむ。人生を楽しむ。