江口由美

記事一覧(151)

人生のポジティブな面を捉え、病に対する偏見を払拭したい 『がんと生きる 言葉の処方箋』野澤和之監督インタビュー

 「治療無料で、副作用なしだから」と、がん患者との対話の中から言葉の処方箋を出していく順天堂大学名誉教授、樋野興夫先生。その柔らかな語り口と引き出しの多さ、そして未病の者でも心に沁みる言葉がつらい闘病生活を送るがん患者のみなさんの表情をふと明るくする。樋野先生が提唱したがん哲学外来から発展した「がん哲学外来メディカル・カフェ」を開く4人の登場人物に密着したドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』が6月8日(土)より第七藝術劇場、6月15日(土)より京都シネマ、8月3日(土)より元町映画館他全国順次公開される。
 野澤和之監督が本作企画段階で自らがんと闘病し、「言葉の処方箋」の必要性を感じたことで方向性を大きく変えたという本作。自分の生きる使命に気づいた乳がん経験者の女性や大病院でがん哲学外来を実践する外科医、自らカファを開き、地域の患者やその家族と悩みを分かち合う乳がん経験者のシングルマザー、脳腫瘍の後遺症と闘いながら、同世代の患者の役に立ちたいとカフェを立ち上げた中学生と、年齢も置かれた状況も様々な登場人物たちの前向きな生き様に、がんと共に生きる人々の逞しさを実感する。医療的な治療だけではなく、対話や言葉の処方箋が心の支えになることを患者の方だけでなく、ご家族や未病の方も知ることで、がんへの偏見や苦しみが和らぐのではないだろうか。 
数ある処方箋の中でも「目下の急務は忍耐あるのみ」という言葉が映画制作や闘病時の支えになったという野澤監督に、お話を伺った。 

主演・村上由規乃と二人三脚で作り上げた、観る者が“感じ、紡ぐ”唯一無二のロードムービー 『オーファンズ・ブルース』工藤梨穂監督インタビュー

終わらない夏、どこかアジアの亜熱帯地域のような熱気を感じながら、幼馴染のヤンを探すヒロイン、エマの旅路に、初めてウォン・カーウァイ作品を見たときのような衝撃といつまでも見ていたいという願望が湧き上がるのを抑えられなかった。まさに観る者が“感じ、紡ぐ”唯一無二のロードムービー『オーファンズ・ブルース』が、5月31日(金)からテアトル新宿、6月15日(土)から京都シネマ、7月13日(土)からシアターセブン、今夏元町映画館他全国順次公開される。
 監督は、京都造形芸術大学(以降京都造形大)の卒業制作として22歳で本作を撮った新鋭、工藤梨穂。第40回ぴあフィルムフェスティバルでグランプリ・ひかりTV賞、なら国際映画祭学生部門NARA-waveでゴールデンKOJIKA賞、観客賞をダブル受賞するなど、映画祭でも高い評価を受けた本作が、劇場デビュー作となる。薄れゆく記憶に抗いながらヤンを探すエマ役に、『赤い玉。』で鮮烈なデビューを果たした村上由規乃。エマとヤンの幼馴染、バン役に上川拓郎を配した他、窪瀬環、辻凪子、佐々木詩音らが見事な演技のアンサンブルをみせ、それぞれが抱える悲しみとその行く末を見守りたくなる。傷を内に秘めながら、それでも愛する人を求めて生きていく若者たちの切なくも美しい群像劇だ。
本作の工藤監督に、お話を伺った。  

沈没家族は「悪くないよね」〜シングルマザーの思いから始まった共同保育を通して、家族のありようを探るドキュメンタリー映画『沈没家族 劇場版』加納土監督インタビュー

阪神大震災、地下鉄サリン事件と日本の歴史に残る出来事が起きた1995年に、シングルマザーの加納穂子さんが保育人を募集し、その考えのもとに集まった若者や幼い子を抱えた母親と東中野のアパート(沈没ハウス)で共同保育が始まった。沈没家族(当時の政治家が「男女共同参画が進むと日本が沈没する」と発言していたのに腹を立てた穂子さんが命名)での共同生活による共同保育は、2003年まで続いたという。 沈没家族で育った穂子さんの息子・加納土監督が、育ててくれた人たちや、一緒に暮らした人たち、そして母・穂子さんや生みの父、山くんにインタビューを敢行。家族のありようを探るドキュメンタリー映画『沈没家族 劇場版』が、5月18日(土)~第七藝術劇場、初夏元町映画館、出町座より全国順次公開される。

当時「オルタナティブな生活実践」としてメディアでも多数取り上げられた沈没家族。沈没ハウスで暮らした人たちの証言は、子育ての実践はありながらも、それだけではない大人の居場所としてもかけがえのない場所だったことが伺える。また穂子さんや山ちゃんと改めて沈没家族について語り合う加納土監督も、実験台のような存在だった自らの子ども時代を客観的に見つめ、「悪くないよね」とその思いを口にするシーンがとても印象的だ。
家族とは?を改めて考えたくなる本作の加納土監督にお話を伺った。  

満席続出の第九市民合唱団ドキュメンタリー『ルートヴィヒに恋して』、5/17姫路、6/8大阪で公開決定!

ベートーベンが平和への祈りを込め、晩年に生み出した最高傑作の「第九」を、なぜ日本ではこんなに熱心に年末歌われているのだろうか。しかもプロではなく市民が!?そんな疑問から、第九市民合唱団に密着した神戸在住のキム・ソヨン監督の最新ドキュメンタリー『ルートヴィヒに恋して』。2月に元町映画館で行われた1週間先行上映の際には、連日満席、立ち見の大人気を博した本作が、1月に世界初上映をした姫路にあるアースシネマズ姫路(JR姫路駅前)で5月17日(金)より公開される。※キム・ソヨン監督舞台挨拶情報  5/18(土) 18:00~の上映回(本編上映後に舞台挨拶)  5/19(日) 13:45~の上映回(本編上映後に舞台挨拶)映画では姫路第九合唱団の団員のみなさんも多数登場。日頃の練習風景だけでなく、なぜ第九に取り組もうとしたか、団員の第九にかける思いにも迫る他、観光地ではない姫路の様々な四季の情景も映し出している。姫路を舞台にした音楽ドキュメンタリーの聖地上映を記念して、ベートーベンの頭の上に姫路城をあしらい、「そんなしょうもない やかましい歌なんか 歌わんでもええがな・・・」という播州弁バリバリのコピーを効かせた姫路特別仕様のフライヤーも登場!さらに新予告編も公開された。

名優・渡辺美佐子が日本国憲法を擬人化した「憲法くん」を熱演。ライフワークの原爆朗読劇にも密着した『誰がために憲法はある』井上淳一監督インタビュー

 赤木春恵、市原悦子、樹木希林と演技だけでなく、その語りでも魅了してきた大女優が次々とこの世を去る中、日本国憲法を擬人化した「憲法くん」となり、日本国憲法前文を暗唱する名優・渡辺美佐子の凜とした姿を見て、とても嬉しい気持ちになった。そしてそのしっかりとした語りで届けられる日本国憲法の前文をしっかりと胸に刻みたくなるのだ。 お笑い芸人、松元ヒロが「届かない人に届ける」ためにユーモアを交え、オリジナルで演じている「憲法くん」を名優・渡辺美佐子が演じ、渡辺をはじめとする往年の名女優たちにより続けられている広島での原爆朗読劇にも密着したドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある』が4月27日(土)よりポレポレ東中野、第七藝術劇場、京都シネマ、近日元町映画館他全国順次公開される。 
 監督は、『戦争と一人の女』『大地を受け継ぐ』の井上淳一。今、映画でできることを自問した結果、憲法の映画を撮るところにいきついた井上監督は、渡辺美佐子が随想「りんごのほっぺ」で書いている原爆で亡くなった初恋の人への思いや、女優たちと運営・開催している原爆朗読劇にも密着。原爆で亡くなった人たちの思いを広島の学生たちに継承する朗読劇を通して、日本国憲法について改めて真摯に向き合いたくなる。時代を超えて、日本国憲法の精神を伝え続けるであろう、唯一無二のドキュメンタリーだ。
キャンペーンで来阪した井上淳一監督にお話を伺った。